Menu icon

Study in Singapore!

         

どこで学ぶ?

東南アジアの中心地であるシンガポールは世界中から主要な会社や人や物が集まってくる国です。国の面積は日本の東京都23区と大体同じと比較される事が多いですね! LSBFはシンガポールの中でもタンジョンパガー(Tanjong Pager)というセントラルに位置しており、抜群の立地の中で様々な国籍のクラスメイトと学ぶことができる学校です。 語学学校は指導やケアがきめ細かく一般英語だけではなく、大学や会計士やビジネスなどの他のコース英語の準備としても広く対応しています。

コースの説明

1週間のスケジュールは?

LSBFのEnglishコースでは月~金曜日の平日に授業があり、文法(Grammar)、読解(Reading)、会話(Speaking)、聞き取り(Listening)、作文(Writing)、単語(Vocabulary)などを総合的に学ぶ事ができます。授業は午前が9:15〜12:15、1時間のランチタイムを挟んで午後は1:15〜15:15です。

基本的に平日の授業終了後と土・日曜はフリータイムで、個人で自由に過ごせますが、生徒さんは次の週の授業の為に仲良くなったクラスメイトと勉強をしたり、東南アジアの小旅行やアクティビティに参加したりしています。

英語力はどれくらい必要?

語学学校の入学には英語力は問われません。初心者レベルから上級者レベルまで幅広くコースを開講しており、自分の英語レベルに合ったクラスで学ぶことができます。入学前にレベル分けの筆記と先生と実際数分間のスピーキングのプレイスメントテストがあり、初心者レベルから上級者レベルまで、英語力によってクラスが決定します。

レベルによって授業内容は違う?

LSBFのEnglishコースでは生徒さんのレベルに合わせた6段階のクラスを用意しており、基礎レベル(Beginner)では英語を基礎から始めますです。初心者レベル(Elementary)では基礎固めをしながら、会話表現からディスカッションできる練習に。中上級(Pre intermediate, Intermediate, Upper intermediate)になるとビジネス英語やテスト対策などのクラス選択も可能となる。上級レベル(Advance)ではより高度な内容を練習します。

クラスメイトはどんな人?

生徒さんは主にアジア各国と東欧中心ですが他にヨーロッパなど様々な国の留学生が集まり、1クラス15名前後の少人数制で授業が行われています。年齢層は幅広く時期や年度によってばらつきがあります。

語学の他に何が学べる?

LSBFでの留学には一般のEnglish語学コース以外にもIELTSなどの試験対策コースや会計士(Accounting)ホスピタリティ(シンガポール現地でのインターンシップ有り)、ビジネスなどの多岐に渡る専門コースがあります。(詳しいのは担当者にご連絡ぐださい)

滞在の種類は?

生徒さんのの主な滞在方法には、ホームステイ、ホームシェアでの賃貸,アパート賃貸があります。短期の語学留学なら、1日でも早く海外での生活に慣れて会話力も磨けるようホームシェアがおすすめ。ホームステイが希望の方はシンガポールに到着してから探す事になるので最初はドミトリーやホームシェアになります。 シンガポリアンのホストファミリーからシンガポールの4つの公式言語である中国語やタミル語、マレー語も取得できるチャンスなのでホームステイはオススメです! ※通常、滞在先は各自検索していただいているのですが学校から提携のドミトリーのご紹介もできます。

どんな費用が必要?

語学留学に必要な費用は、授業料・滞在費・食費・航空運賃・お小遣い・交通費・保険料・諸手続き費用などです。滞在費はホームステイや賃貸の選択など滞在方法によって、航空運賃は時期によって違いが出ます。

学校に必要な費用

学校に必要な費用

※例としての滞在6ヶ月のEnglishコース

  • 申込金 SGD321
  • ビザの申請代行料 SGD321
  • 保険料 SGD48.20
  • 授業料 SGD6741(1ヵ月にSGD1200程度)
VISA申請に必要な費用
  • -ICA(入国管理局) SGD90
  • -国に定められた健康診断費用 SGD38 (ICA: Immigration & Checkpoints Authority of Singapore)
留学に必要な書類

[全生徒様]

  • -パスポートの写し 1通
  • -パスポートサイズの写真(白背景) 1枚
  • -英文の戸籍抄本の写し 1通
  • -英文の卒業証明書 1通
  • -英文の成績証明書 1通
  • -英文の経歴証明書(過去に就職の経験がある場合) 1通

[専門コース生徒様]

  • 上記の書類に加えて
  • -英語検定の資格証(TOEIC , TOEFL , IELTS等)
  • ※今までに英語検定等を受けられた事がない方は入学前に当校の
  • 英語のレベルテストを受けていただきます。定められた基準のスコアを
  • 取得できた方は英語検定の資格証などは必要ありません。

入学までの手順

  1. 書類の準備、Emailでシンガポールにいる担当者に送付していただきます。
  2. 書類の確認が出来次第(通常1週間以内)で学校から承認書(Offer letter)をお送りしますので 授業内容と見積書などをすべて確認していただき署名をした書類を担当者へ再度お送りいただます。
  3. 申請費(Application fee)SGD321のお振込完了後、明細書を添付してご連絡をいただき担当者がご入金を確認します。
  4. 学校からシンガポール政府へVISA申請(通常2週間ほど)
  5. シンガポール政府からVISA申請が受理された事が担当者へ連絡が来た後、担当者が 仮IPA(In-Principle Approval letter)書類1通と契約書1通、請求書1通をお送りしますので 書類をすべて確認後に署名を各所していただき振込明細書と共に担当者にお送りいただきます。 諸費用を含めた授業料もこの時点でお支払いいただきます。
  6. 書類を全て担当者が受領後、来星時に移民局通過に必要なIPA書類をお送りします。
  7. 担当者へシンガポールへの到着の日程と授業開始日前に一度学校に来ていただく必要があるので来校の予定日の連絡をいただきます。

※通常、最短で全ての手続き完了までに1ヶ月程かかります。
※英文の証明書等は各自ご準備いただきますが数週間ほど時間がかかる
ケースが多いので余裕をもって用意して下さい。

詳しい費用やそのほか学校の事コースの事をお知りになりたい方はトップページの問い合わせ欄からお問い合わせ下さい。日本語対応ができるスタッフが在籍しているので、まずは日本語でお気軽にご質問等お待ちしています

Our Students!